効果やアフターケア

体重の約5%の脂肪を吸引

施術

昨今では、体重を減らしつつ理想的なプロポーションに近づけていくために、美容整形外科で脂肪吸引を受ける人が増えています。ダイエットの場合、体重を減らすことができたとしても、脂肪の気になる部分が細くなるとは限りません。しかし脂肪吸引なら、確実に体重を減らしたり、気になる部分を細くしたりすることができるのです。 脂肪吸引によって減らすことのできる脂肪は、体重の約5%までとされています。脂肪だけでなく血液もある程度吸引することになるので、体重の5%より多く吸引すると、輸血の必要性が生じてくるのです。 しかし後日再度の施術をすることで、トータルで体重の5%よりも多くの脂肪を吸引することが可能です。日にちを分けて1部位ずつ施術することで、最終的にはかなりの量の脂肪を減らし、体全体をスリムにすることができるのです。

アフターケアが重要

脂肪吸引の施術後は、吸引した脂肪の量にもよりますが、その部位は目に見えて細くなっています。しかし周辺の部位には脂肪が残っている状態なので、そのまま放置していると、差による凹凸が目立ってしまいます。 そのため美容整形外科によっては、施術後にインディバやエンダモロジーなどによるアフターケアをおこなっています。これらにより、周辺の部位の脂肪がほぐされるので、凹凸がなだらかになっていくのです。また、自身でもマッサージを施したり、サポーターなどで圧迫したりすることで、凹凸は目立たなくなっていきます。 こういったアフターケア次第で、脂肪吸引の仕上がりは大幅に違ってきます。より美しいボディラインにしていくには、丁寧なアフターケアをおこなうことが非常に重要なのです。